ラオスのヴィエンチャンからルアンパバーンまで夜行バスで移動しました

先日のラオス旅行では、首都ヴィエンチャンからルアンパバーンまで夜行バスを利用しました。

東南アジアの夜行バスって、乗ったことないうちは不安ですが、結構便利です。

今回はその時の様子を写真とともにメモしておきます。

ラオスのヴィエンチャンからルアンパバーンまでのバス時刻表

image

ラオスは非常にバスの移動網が発展している国です。

そのため、ルアンパバーンだけでなく、国内各地にも毎日何本ものバスが出ています。

image

ラオス国内だけでなく、ベトナムやタイなど、近隣国にも国際バスが出ています。

値段も比較的安いので、利用を検討してもいいかもしれません。

image

予約は後述のバスターミナルに直接行ってもよいのですが、ヴィエンチャンのターミナルは街から離れています。

そのため、ゲストハウスのスタッフに頼んで予約するとよいでしょう。

手数料が乗ってくることもありますが、宿にピックアップが来てくれるので、ターミナルへのタクシー代を考えるとお得になります。

ヴィエンチャンのバスターミナルと夜行バスの様子をレビュー

image

こちらがヴィエンチャンのバスターミナルと、カウンターの様子。

ゲストハウスにチケットを頼まない場合は、ここで予約することができそうです。

image

ターミナル内には売店などもあります。

食堂もありましたが、僕が到着した夜間にはすでに閉店していました。

image

屋台が出ていたので、そこで腹ごしらえをすることに。

中華まんのようなもので、美味しかったです。

image

キングオブバス、面白いネーミング。

快適な夜行バスだと良いのですが…

いや、てかめっちゃ派手、夜寝れるのか??

image

実際に乗るバスは、こちらの少し小さめなもののようです、良かった。

ゲストハウスからピックアップしてくれたスタッフが、チケットを用意してくれます。

image

ルアンパバーン行きを間違えないようにしましょう。

チケットには座席や車両の番号が書いてあります。

image

バス底の荷台にはバイクを詰め込んで運搬してたり。

シュールな光景でした。

ルアンパバーンのバスターミナルはトゥクトゥクで市内に移動

image

道中の道は快適!とは言い難いですが、一眠りするとルアンパバーン到着です。

終点まで乗っていれば外国人みんなが降りるので、間違えなくて済むと思います。

image

ルアンパバーンのバスターミナルも、市内からは離れています。

トゥクトゥクが唯一の交通手段なので、ホテル名などを伝えて移動しましょう。

image

交渉制ですが、ほぼ相場は決まっている様子。

足元を見られてしまいますが、ここは他の代替手段はないように思います。

予めゲストハウスに送迎を頼むのも良いかもしれません。

image

ルアンパバーンは非常きれいで、快適に滞在できる街です。

多くの人がヴィエンチャンから移動することになると思うので、参考になれば幸いです。